内視鏡・胃カメラ検査は、細径ファイバーにより鼻から苦痛も少なく、安心して検査を受ける事ができます!

早期発見・早期治療(胃がん検診

胃がんリスク評価(生検法によるピロリ菌検査

症状の原因を調べて治療(胃炎・潰瘍・逆流性食道炎

内視鏡検査中の辛さを軽減するために、鼻から内視鏡を挿入する検査を選ばれる事が多くなりました。大塚クリニックでも鼻からの検査口からの検査かを適切に選択して頂いています。

大塚クリニックを開設するまでは大学病院の外科に所属し、胃癌を含めた消化器癌や肺癌の手術治療を行っていました。内視鏡検査や外科手術の執刀での知識と経験を活かして、安心・安全な検査を受けて頂くように心がけています。

<堺市の胃がん検診>

堺市では、癌の早期発見を促進するため、平成30年4月1日から令和2年3月31日までを癌検診の受診促進強化期間として定め、各種がん検診での自己負担金の無償化が行われています。是非この機会に、ご自身の健康管理に取り組んで頂ければと思います。まずは電話でお問い合わせ下さい。

内視鏡での胃がん検診の対象者は、満年齢で50歳以上かつ偶数年齢の人です(2年に1回の検診)。堺市に住民票が在る事を証明するものを持参して来院して下さい。

堺市民なら、お住まいの区と異なっても受診できます。(堺区、北区、西区、中区、東区、南区、美原区)

<検査の流れ>

タップして富士フィルムのサイトを参照!

<クリニックの胃内視鏡設備>

BLI1

検査で使用する富士フイルム内視鏡システム(LASEREO)では、明るい白色の光と青色のBlue LASER Imaging(BLI)光、波長の異なる2つの光を組み合わせて観察部分を照らします。明るい白色の光はシャープで鮮やかな画像を映し出し、青色のBLI光は粘膜表層の微細な血管を強調します。胃の中で、広い範囲を見るときも、近寄って異常を判定するときも、白色光とBLI光の明るさを自在にコントロールすることで、微かな異常をより見やすくします。

BLI2

大塚クリニック(専門:内科、胃腸科、消化器科)は、大阪府堺市、中百舌鳥、三国ヶ丘、新金岡の近くに位置します。最寄り駅は南海高野線の百舌鳥八幡駅です