Telephone number dialer using PIC18F2550

Controller of push‐button telephone by a terminal software with USB connection

 

<< Introduction in Japanese >>

机の上に置かれている電話機を見て考える。私が電話機を初めて操作した頃は、いわゆる黒電話であった。その後登場したプッシュホン式電話機に憧れの眼差しを向けた頃が懐かしい。私の電話機は、ダイヤル式からプッシュホン式、即ちパルス式からトーン式へ。そしてアナログ回線からデジタル回線へ。更に移動式携帯電話へと変遷した。今や、ダイヤルすると言う言葉は死語となり、ダイヤル式電話機の操作すら子供達は理解できずに珍しそうに眺めるだけとなってしまった。

残念ながら現在の電話機は、趣味レベルで理解出来る技術ではないが、電話機を眺めて思った。電話機のボタンをプッシュする代わりに、パソコンのキーボードから操作する事は、素人の工作課題になりそうである。そして、電話機とパソコンをUSB接続して、電話機のプッシュ・ボタンの制御に取り掛かる。

 

 

<< Experimental telephone >>

Telephone : SS-06 (Simple Phone 2), KASHIMURA Corporation;

key matrix – My controller Board (18F2550) – USB – PC (terminal software)

 

PushPhone_1

 

PushPhone_2

 

PushPhone_3

 

In this telephone, a state of the key matrix is scanned by pull-down of signal lines, and photocouplers are added to act as a push‐button.

 

TLP521

TLP521-4 (4 units) x 4 packages

 

Key matrix

The push‐buttons, “保留”, “キャッチ”, “リダイヤル”, are not used in this experiment.

 

PushPhone 回路

The telephone set is electrically separated from the controller circuit by photocoupler and relay units.

 

<< Sample code >>

 (compiled with MPLAB X IDE and XC8)

 

&   —>   0 preparation of a business-phone  (Acceptance of an incoming call)
$   —>   Connection with a telephone line  (Acceptance of an incoming call)
%  —>   Disconnection  (Termination to an active call)
@  —>   Speaker

 

<< Terminal software >>

Tera Term (freeware)